MESSAGE 01

出来ることを、全てやっていく。

WEBサイトは「情報を人に見てもらうための媒体」。当たり前のことですが、このことを本当の意味で理解できたのは、WEBデザイナーになってからずいぶん時間が経ってからのことでした。

WEBデザイナーなら誰もが目指す、「かっこいい」「キレイな」「オシャレな」「動きがかっこいい」WEBサイト。WEBデザインの世界に足を踏み入れた当初は、見る人が驚いたり、喜んだりするコトが嬉しくて、夢中になって新しいデザインや機能の組み合わせを追求していました。でも、どんなWEBサイトでも生まれた「目的」があって、その目的を達成できないのなら、そのWEBサイトはただの独りよがりになってしまいます。僕自身、クライアントからの第一印象は良いのに、なかなか成果の出ないプロジェクトを幾度となく経験し、この基本的な部分が強く意識できていなかった事に気付いたのは、WEBデザイナーを名乗ってからずいぶん時間が経ってからのことでした。

それ以降、僕の中での制作ポリシーは、『依頼者が「思った通り」「思った以上」のWEBサイト創ること』になりました。クライアントの目的を達成するために必要なモノは必ず満たす。よりよい結果を出すために必要なモノはどんどん取り入れる。この会社に入って一番良かったことは、自分のアイディアをどんどんプロジェクトに取り込んで行ける『自由さ』があることです。

もちろん、ビジネスである以上、予算や納期は絶対に守る必要がありますが、その範囲の中で出来ることは全てやっていく。プロのWEBデザイナーとしてのプライドにかけて、毎回全力でプロジェクトに臨みたいと思っています。

MESSAGE 01

出来ることを、
全てやっていきたい。

クリエイティブディレクター・WEBデザイナー|福岡オフィス宝来竜二

MESSAGE 02

常に確実に、丁寧に。

プロのWEBデザイナーに求められるスキルはたくさんありますが、私は、「正確で丁寧な」成果物をお届けする事がとても重要だと考えています。ビジネスとして対価を頂く以上、一定のクォリティを満たすことは当然のことですが、それに加えて外見だけでなく、中身のソースコードまで丁寧に、正確に作り上げることは、プロとして「必須」の要件ではないでしょうか。

オープンな技術の集合体であるWEBサイトの制作において、実際に作った人以外がソースコードを改修したり、チーム単位で共同作業を行うことなどは珍しくありません。丁寧で正確なソースコード記述は円滑なプロジェクト進行を後押しし、公開後に全く別の担当者がソースコードの改修や機能の追加を行う場合でも学習時間を短縮でき、限られたスケジュール内での制作業務において大きなアドバンテージを生むことでしょう。ちょっとした時間の余裕が生まれることも。比較的自由に時間配分を決めることが出来、自分のペースで業務を進めていけるこの会社では、時間の余裕はスキルアップやリフレッシュの時間として大いに活用できています。

丁寧で正確な作業は、結果として時間の余裕を生み出し、その空いた時間をクオリティアップに充てることもできます。「急がば回れ」私はこの余裕を生み出すために、常に丁寧で正確な作業を意識しながら、WEBサイトの制作をおこなっています。

MESSAGE 02

より確実に、
丁寧に。

WEBデザイナー・HTMLコーダー|東京オフィス前田 菜奈

MESSAGE 03

プロジェクト推進力の穂先にいること。

WEBディレクターの動き次第でプロジェクトの成否が決まる。 決して大げさな表現ではないと思っています。「モノづくりのプロ」がWEBデザイナーやプログラマーであるなら、WEBディレクターは「プロジェクトをまとめるプロ」としてお客様とクリエイター双方の「橋渡し役」をうまく勤めあげる必要があるからです。 お客様の要望や得たい成果を不足なく制作側に伝え、成果物が出来上がった際は作り手の意図を誤解なくお客様に説明する。プロジェクトを成功に導くためには、お客様と制作側の相互理解と信頼関係が不可欠であり、双方を取り持つWEBディレクターは、プロジェクト推進の最先端(穂先)に他なりません。 WEBサイト制作プロジェクトを成功に導くためには、できるだけ多くの時間お客様と向き合い、お客様が何を求めているのか、どういう想いでいるのかを深く理解し、それを実現するために私たちの技術をどう使うのかを客様にわかりやすく伝える。そして、お客様の要望をできるだけ詳しくクリエイター達に伝える。プロジェクトの『潤滑油』として、お客様と作り手の気持ちをつなげる。 様々なテクニックやノウハウはありますが、これがWEBディレクターの最も大切な仕事たと感じています。 どんなに技術が進歩しても最後は人間同士の信頼関係が大切なのです。  

MESSAGE 03

プロジェクト推進力の
穂先にいること。

ディレクター|福岡オフィスT.A

MESSAGE 04

風通しの良い社内環境を目指す。

「良いモノづくり」を支えるのは、「良い職場環境」だと私は考えています。制作スタッフが安心してその技術を発揮できる環境を整備するのが私のミッションです。

テレワーク、働き方改革など、企業での働き方の形は少し前と比べて多彩になってきました。就労時間が不規則になりがちなこの業界において、働く人達ができるだけ少ない労力でこれまで同様の成果を達成するためには、既存の概念に捕らわれない、自由な発想でのワークスタイルを経営レベルで理解し、実践していく必要があります。もちろん、成果物のクオリティを下げたり、納期を遅らせるようなものになっては意味がありません。

働くスタッフは「人」。それぞれが高いモチベーションで業務に臨むためには、働く人が楽しく、やりがいを持てる環境を整備することが何より大切だと考えています。職場に笑顔が絶えず、この会社で働く人達が生き生きとプロジェクトに取り組めるオフィスを作り上げることを目指しています。

 

MESSAGE 04

風通しの良い
社内環境を目指す

取締役 コーディネーター|福岡オフィス松原優美子